2018年01月21日

映画「スリー:ビルボード」オザーク魂のドラマ


アメリカは東西両海岸にアパラチアとロッキーの

2大山脈を抱えているが、大陸の中央部にも高山

地帯がある。いわゆるオザーク高原と呼ばれる一帯

であるが、この映画の舞台となったミズリー州も、

高峻な地形を特色とする地域だ。オザークという

名称自体、一説によると、18世紀後半にカナダから

この地域に入植して来たフランス人たちが、大陸中央部

でせり上がる高山地帯を[arcs アーク(アーチ)}と呼ん

だことから生まれた{aux arcs オザーク(アーチに向かっ

て)}という言葉に由来するという。この地形ゆえ、

オザークでは1970年代までエリザベス朝時代、

つまりシェイクスピア時代の英語使われていたと

言われるほど外界から途絶していた。ミズリー州

のすぐ北にはアーカンソー州があるが、ここにも

オザーク的遅帯が蔓延してたことで知られている。

例えば、首都ワシントンでの出世を棒に振って州都

リトルロックに嫁いできたヒラリー:クリントンは、

女性運動の先駆者として結婚後も夫婦別姓の実績と

してヒラリー:ロダムと名乗り続けていた。しかし、

地元の顰蹙を買い、夫・ビルの州知事選の勝利のた

めにヒラリー:ロダム:クリントンと、より保守的

な呼び名に妥協せざるをえなかった。

山岳地帯の住人は、その厳しい自然環境から、平地人

や都会人に比べてより頑固でないと生きてゆけない。

この映画では、オザークの地形的な高峻さはほとんど

描かれてないが、その代わり、ヒロインのミルドレッド:

ヘインズと警察官のジェイスン:ディンクスの人間的な

狷介さ、頑迷さはオザークの高峻さに十分匹敵するものだ。

ミルドレットは愛する娘を何者かにレイプされ、殺害された。

そして、いつまでも犯人が逮捕されないのに業を煮やして、

道路端にさびれたまま放置されていた大看板3基を賃借り

し、警察署長ウィロビーの怠慢をなじる”広告文”を掲げる。

640.jpg

ウィロビーを父親のように敬愛する部下ディクスンは当然

ミルドレッドを敵視。彼女の友人関係も巻き込み、看板を

取り下げさせようと嫌がらせを画策する(ディンクスの

看板に対する怒りはその後も燻り続け、ある事件をきっか

けに大爆発することになる。)一方、大看板で名指しで批判

されたウィロビーはミルドレッドに、捜査の手掛かりが皆無

なこと、そして自らが末期癌に冒されており、余命わずかで

あることを告げる。人生の最後を穏やかに過ごさせてくれと

願うウィロビーに対し、ミルドレッドはにべもなくこう答える。

「知っててやった」

キネマ旬報2月上旬号記事からの抜粋です。

e1e679bb70313347.jpg

映画「スリー:ビルボード」2月1日公開です。





posted by ドラ at 15:53| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

書作2月号ボールペン部規

 
「書作」字習うための雑誌のボールペン規定を

練習しました。

左が先生のお手本、右が自分。

IMG_7370(変換後).jpg

毛筆と違い使い慣れているボールペンですが、

自分が書く字形とはまったく違う字形を書く

ことを練習するのに集中力が必要です。


posted by ドラ at 10:58| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

特別展「仁和寺と御室派のみほとけ―天平と真言密教の名宝―」


仁和寺の観音堂を展示室に再現されていました!

江戸時代の仁和寺再興期に再建され、僧侶の

修行道場のため一般には非公開の観音堂を、

展示室に再現した。実際に安置されている仏像

33体に加え、壁画も高精細画像で再現し、

仁和寺の僧侶により守り伝えられてきた観音堂の

姿を体感いただけます。本展が観音堂改修工事を

記念して開催されることにより実現した、特別な

空間が写真を撮り放題です。

IMG_7379.jpg

IMG_7376.jpg


御室桜で知られる仁和寺(にんなじ)は、宇多天皇

が仁和4年(888)に完成させた真言密教の寺院

です。 歴代天皇の厚い帰依を受け、すぐれた絵画、

書跡、彫刻、工芸品が伝わります。

創建時の本尊である国宝「薬師如来坐像」、

仁和寺 阿弥陀如来坐像.jpg

さらに空海ゆかりの国宝「三十帖冊子」など、

本展では仁和寺に伝わる名宝を一堂に紹介されてました。

pasted-image-0-8.png


平成館にて特別展「仁和寺と御室派のみほとけ―天平と真言密教の名宝―」

東京国立博物館で、3月11日(日)まで開催されています。


IMG_7374.jpg









posted by ドラ at 11:54| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする