2017年08月04日

「信可楽也」(信に楽しむ可き也)書統8月号 漢字II(行書)

 
規定課題(A)書統 漢字II(行書) 

「蘭亭叙」(八柱三本)

「信可楽也」(信に楽しむ可き也)

「信」は、懐がスッキリとした構えで、

横画の長さの違いや角度がポイントです。

「可」は、最終画のタテ画に注意し、一画目

のバランスに注意して書きました。

IMG_5841(変換後).jpg

「楽」は、三角形の字形。上部は引き締まり、

下部の「木」の部分は、一画目の横画の長さが

大切で左側が特に長い。

「也」は、一画目の転折の部分の配置や角度、

最終画の長さを、よく見極めるよう指摘され書

きました。






posted by ドラ at 15:03| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする