2017年09月01日

「蘭亭叙」「取諸懐抱」(諸を懐抱に取りて)


「取」は、疎密の変化に注目して、

「諸」は、原典では横画はやや細く、

タテ画はやや細く描かれています。

「懐」は、編の画数は少なく、旁の

画数が多い文字です。太細のバランスを

よく観察しました。

IMG_6252.jpg

「抱」は、最終画が長く安定した構えの字形。

「取」の筆順は、一般的な順序で書かない。

筆の動きが遅いので、先生のお手本のように、

かすれやはらいの勢いが出ていません。



posted by ドラ at 12:48| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする