2017年05月19日

世田谷公園のカルガモ 2017/05/17

 
今年も、世田谷公園のカルガモが元気に泳いでいます。

IMG_5218(変換後).jpg

IMG_5223(変換後).jpg

IMG_5224(変換後).jpg

IMG_5270(変換後).jpg


飛べるようになるのは孵化してから2か月ほど経って

からそうです。

また、見に行きます。






posted by ドラ at 11:56| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり)


梶原平三誉石切は歌舞伎狂言の演目名。。もとは享保15

(1730)年大阪竹本座初演の文耕堂・長谷川千四ら合作の浄瑠璃

「三浦大助紅梅靮」(みうらのおおすけこうばいたづな)全五段の

うち三段目「星合寺の段」が原作で、今日この場面だけが独立して

上演される。伊豆に流されていた源頼朝は、一旦兵をあげたものの

石橋山の戦いに敗れ、姿をくらました。頼朝に味方する多くの関東

の武士の中で、三浦大助や真田文蔵らは、再挙を図るために軍資金

調達に奔走。文蔵の許嫁の梢、その父で大助の息子の青貝師六郎太夫

も、家伝来の宝刀の売り手を探していた。

おりしも鶴岡八幡宮に平家方の大庭三郎と弟の俣野五郎が参詣に来る。

そこへ、同じ平家に心を寄せる梶原平三も参詣にくる。普段は不仲な

両者でも、そこは神前。ともに武運長久と勝利を祈って盃を交わす。

そこへ六部太夫親娘、以前約束した名刀を大庭に売りに来る。大庭は

梶原に鑑定を頼むと梶原から名刀との返事。喜ぶ太夫に、俣野が

「待て。いかなる名刀かは知れぬが、切れ味が劣れば鰹かきも同じこ

とだわ。」と注文を出す。

あせる太夫は、ならば二つ胴(胴体を一気に二つ切るほどの切れ味)

の試し切りを願う。だが、試し切りになる囚人は一人しかいない。

太夫は梢に、二つ胴の証明書が家にあると嘘をついて取りに帰らせ、

自ら囚人とともに試し切りになることを願う。そこへ梢が戻ってくる

が最早遅く、二人は横になって切られるのを待つばかり。

梶原は、刀を振るって二人を切り下げるが、囚人は切れたものの、

太夫の縄を切っただけでしくじってしまう。

あざ笑う大庭、俣野を見送った梶原は、失望落胆する二人に

「両人近う。」と呼びかけ、自身は源氏に味方する心であり、

刀の目利きの時に差裏の八幡の文字を見て父娘が源氏に所縁ある者

と分かって命を助けた。石橋山の戦いに頼朝公を助けたはほかなら

ぬ自分であり、「形は当時平家の武士、魂は左殿の御膝元の守護の

武士、命をなげうって、忠勤をつくすべし」と源氏の味方と本心

を明かす。

そして、この刀はまさしく名刀で、その証拠として手水鉢を見事に

真っ二つに切る。梶原の「剣も剣」と褒めると、太夫も「切り手も

切り手」と称賛する。「鎌倉殿を守護なすには、これ屈強の希代の

名剣」と、満足した梶原は刀を三百両で買うことを約束。

三人とも喜びに満ちて意気揚々と社前を後にするのであった。

IMG_5227(変換後).jpg

坂東亀三郎改、坂東彦三郎が梶原平三を

團匊祭5月大歌舞伎で演じています。

IMG_5231(変換後).jpg

二つ胴(胴体を一気に二つ切るほどの切れ味)

の試し切りをする場面、手水鉢を見事に真っ二つに

切る場面、派手なシーンがあるので襲名披露の折に

なんども再演されているそうです。

舞台でないと、胴体を切るのも石を切るのもリアルに

見せられない。「梶原平三誉石切」で歌舞伎の醍醐味を

感じました。











 
posted by ドラ at 06:07| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

なぜアドラーが注目されている?


どうして現代の日本人にアドラーの考え方が

ウケたのか?時代背景&世相から分析!

正式名称を”個人心理学”という、アドラー心理学。

西欧と比べて個の概念が強くない日本でも、多くの

人の心に響き、受け入れられることに。

その背景のは、今の世相が大きく影響している模様。

2007年に”KY=空気が読めない”という言葉が流行語賞

にノミネートされるなど、周りに合わせることを美徳とす

る文化をもつ現代の日本人。でも、そこに窮屈さを感じ、

違和感を覚える人も少なくはありません。さらに、SNSが

流行し、誰かと自分を比較して劣等感を抱える機会が多く

なり、疲れてしまった人も増えているのでは。

そんなタイミングだからこそ、アドラーの”他者の評価を

気にするな” ”自分が生きたい人生を生きよ”という思想が

響いたのではないでしょうか。また、近年、イギリスの

EU脱退やトランプ大統領の就任に見られるよう、世界で

大衆を大きな変革に導くポピュリズムの台頭が起こり始めて

います、。日本にもその”何かを変えたいという空気は届いて

いますが、実際に行動に移すことが難しい。また以前なら、

自分を変えたい時には海外旅行や留学を発想しましたが、

最近は不況もあり、そこまでお金をかけたくない。

そんななか、考え方を変えると人は変われるというアドラー

の思想は、コスパがよく、心の中でプチ革命が起こせるため

”自分もできるかもしれない”と多くの人に受け入れられたの

でしょう。大きな震災があったことも原因のひとつです。

”絆”という言葉やボランティア活動にフォーカスが当たるよ

うになった流れと、アドラーの他者を広く仲間とみなす

”共同体感覚”がマッチしたのでは。

37edfa46.jpg

(共同体感覚)それぞれに違う感覚を持った私たちは、

共通の関心を持つことで共同体に所属でき、共同体と

仲間のために協力しょうとする。それが、幸せを生み

だすという考え。職場の人と共同感覚を持てないと、

”あの人は助けてくれない”などトラブルの種に。

GINNZA6月号記事「アドラー心理学を知ろう」

からの抜粋です。



posted by ドラ at 14:13| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする