2017年11月25日

関連グッズ:ビジネスの先駆け的な存在


1作「エピソード4」の時点で、

ジョージ:ルーカス監督が強く主張した

のは、マーチャンダイジング(グッズなどの

商品化)の権利。これによって公開と同時に

販売されたSWグッズが売れに売れ、大きな

収益を得ることになった。とはいえ、ルーカス

は金儲けのためでなく、続編を作る資金を用意

したいだけだったのだが。各キャラクターのフィギュア

はもちろん、ライトセイバーという独特の武器によって、

おもちゃ市場でもSWは大人気に。それらの売り上げは

興行収益の3倍と言われており、日本円にするとシリーズ

総計で2兆円を超えているという説も!

maxresdefault.jpg

最新作「スターウォーズ/最後のジェダイ」新キャラクター

「ボーグ」が登場しており、グッズ関連の売り上げはますます

伸びそう。

1510901233686.jpg

SCREEN1月号記事からの抜粋です。

320.jpg

「スターウォーズ/最後のジェダイ」

の公開は12月15日です。
posted by ドラ at 17:57| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画のデジタルはここから始まった。


現在映画界ではデジタル撮影が主流。その先駆け

となったのもスターウォーズ。1999年の

「エピソード1/ファントム:メナス」では一部を

122250220.jpg

デジタルで撮影し、3ん年後の「エピソード2/

クローンの攻撃」では全編をデジタル撮影。

515ZH0AGXWL.jpg

これはハリウッド大作としては初の試みで、同作以降、

一気に映画のデジタル撮影が加速することに。

デジタルのメリットは、フィルムの保管が不要という

だけでなく、撮ったその場で映像を確認できること。

とはいえアナログのフィルムの質感にこだわる監督

たちは今でも多く、SWもシリーズ前作の「フォースの

覚醒」ではフィルム撮影に回帰した。最新作ではIMAX

70mmフィルムも使用。時代を先取りしつつも、その

時代で「最高」の技術を駆使するのもSWなのだ。

SCREEN1月号記事からの抜粋です。

320.jpg

「スターウォーズ/最後のジェダイ」

公開は12月15日です。


posted by ドラ at 17:27| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

映画「ヒットラーに屈しなかった国王」


日本とノルウェーは、1905年に国交を樹立して以来、

第2次世界大戦時を除き、友好関係を築いてきた。

外務省のホームページによると、日本とほぼ同じ国土

面積だという。さらに、日本と同じ立憲君主国という

ことも、どこか親近感を抱かせるものがある。

大ヒットアニメ『アナと雪の女王』もノルウェーを

モデルに舞台設定がなされたといわれている。

そんなノルウェーだが、国連が3月に発表した2017年版

の「世界幸福度ランキング」では、デンマークやアイスランド

を押さえて1位となっている(日本は51位)。イギリス経済紙の

調査機関「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」でも、

民主主義度が世界1位だと報告されている(日本は20位)。

そんなノルウェーの民主主義の根っこにある部分とは何なのか。

この映画にそのヒントが隠されているように思われる。

292a07f07fb8a479.jpg

ノルウェー国家の礎を築いたホーコン国王を描いた映画とあって、

本国ノルウェーでは空前の大ヒットを記録している。7人に1人が

映画を観たというほどに社会現象化し、2016年の国内興行成績

第1位を獲得した。ノルウェー版・映画アカデミー賞であるアマンダ

賞で、作品賞をはじめ史上最多の8部門を受賞、さらにノルウェー国外

の国際映画賞も受賞している。この作品のクォリティの高さに感動する

のは、ノルウェー人だけではないことは間違いない。

映画「ヒットラーに屈しなかった国王」の公開は

12月16日です。







posted by ドラ at 16:12| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする