2017年07月26日

映画「三度目の殺人」

 
是枝裕和監督が「そして父になる」(13)に続いて

福山雅治を主演に迎えた「三度目の殺人」にはキーマン

として役所広司が登場する。いや、キーマンという表現

は生ぬるい。本作における役所は完全に福山の相手役

である。顔見せ程度の共演ではない。がっぷり四つに組ん

だ、演技と演技の果たし合いが繰り広げられる。両者が顔

合わせるシーンのほとんどは接見室。この舞台は、それぞ

れの持ち場が閉ざされた密室。なのに、ふたりの芝居の

ダイナミズムが、透明な壁をやすやすと越えて、わたしたち

の瞳を釘づけにする。是枝裕和監督、映像的に動きの乏しい

接見室場面は少なくしようと考えていたものの、福山と役所

の本読み(脚本の読み合わせ)を見て、その面白さに脱帽。

01653bdf61bb923f.jpg

共演シーンを増やしていったという。依頼人への共感や理解

を排し、淡々と着々と減刑に向かって事を進めていく合理主義

重視の弁護士。そんな彼が、ある殺人事件をめぐって主張が

二転三転する容疑者に接見するたびに、心の結び目をほどかれ、

やがて変貌することになる。福山は「そして父になる」でも

自信家のエリートの足元が揺らいでいく様を精緻に体現してい

たが、おそらく是枝監督は福山という演じて手に、砂のお城が

壊れていくときの美を見いだしているのだろう。本作では、

弁護士のクールネスがパッションネイトな何かに脱皮する様

を至近距離から凝視することで、より大胆に、美しい崩壊の

光景をスクリーンに刻みつけている。役所広司は黒沢清監督

の映画の世界から間違って迷い込んだ異邦人のように屹立

している。正体不明、というよりは、自身のアイデンティティ

がどこにあるのか見失った記憶喪失者の趣で、私たちの視覚と

聴覚と考えゆらぎを与える。そう、この容疑者は決して悪魔の

ように弁護士を侵食していくわけではない。弱者を想起させも

する、ある種の無垢さで、一貫性ののない人間性を発露してい

くのだ。計画性は感じらえない。行き当たりばったりで、虚言

を弄してるかに思える。底なし、ではなく、むしろ底が浅く

見えることが無為なチャームにもつながっている。彼が悪人だと

断言できる人はおそらく少ない。その可能性の海に観客は溺れ

かけることになる。役所広司という俳優の、とりとめのなさに

あらためて震撼せざるをえない。では、福山はそんな役所と対峠

するとき、何を見せるのか。端的に言おう。彼は、人物の輪郭が

狂っていく様を、ここで表現している。前述した通り、弁護士は

悪魔に魅入られたわけではない。むしろ逆だ。いってみれば、

天使に誘惑され、事件の真相が知りたくなってしまう。真実を

掴み取ろうとすることほど、合理性とかけ離れた行為はない。

彼はその徒労を知っていたからこそ、淡々と着々と職務を

全うしていたのではなかったか。だが彼は彼自身のルール

から逸脱することになる。人が真剣になるということは、

実は狂っていくことなのだという側面を、福山雅治の演技

顕在化させる。とはいえ、福山は狂気をギラつかせるわけ

ではない。怒鳴ることや、血走った目を晒すことで、

デフォルメを施すわけではない。ただ、人物の輪郭を変化

させる。たとえばそれは、漫画で描かれたあるキャラクター

が長期連載の果てに、造形する線が細くなったり、太くなった

りしていた、ということに近い。漫画が長く続くと、作者の

作風も変わる。結果、連載スタート時点と最終回とでは、

画としての印象が違っていたということがあるが、福山は

これをわずか124分の中で達成してる。福山雅治はこれ見よ

がしの演技しない俳優だ。だから映画が終わる頃、私たちは

初めて気づく。あ、人物像の線が変わっていると。顔つきや

表情、台詞回しの変化に頼らず、キャラクターの線を徐々に

変貌させるべき技能によって、福山は是枝監督との二度目の

コラボレーションにおいて、さらに一段上のステージに立つ

ことになった。

キネマ旬報8月上旬号記事からの抜粋です。

C95DBaPVwAAzma0.jpg

映画「三度目の殺人」9月9日公開です。







posted by ドラ at 18:32| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

映画「彼女がその名を知らない鳥たち」


「凶悪」(13)、「日本で一番悪い奴ら」(16)

白石和彌監督がラブストーリーを撮ると聞いて自分

の耳を疑った人も多いと思うが、沼田まほかるの同名

ミステリー小説を映画化した本作は、深い愛が心の

奥底にまで染み入る、紛れもなく白石監督らしい

ラブストリーである。映画のキャッチにもなっているが、

とにかく出てくる奴が全員クズばかり。ヒロインの十和子

は働きもせず、15歳も年上の同居人、陣治の稼ぎで生活

をしてるのに、彼も毛嫌いし、8年前に別れた黒崎のことを

いまも忘れないクレーマー。陣治は陣治で十和子に異常なほ

ど執着していて尾行までする、金も地位もない不潔な男。

黒崎もまた一見スマートに見えるけれど、自分の出世や保身

のためなら利用するDV男だし、十和子が新たに関係を持つ

水島も端正なルックスで柔らかな物腰ながら性欲を満たす

ためだけに生きてるような薄ぺらな人間なのだ。そんな

最低にも程がある登場人物たちを、キャラクターとは真逆

の魅力的なキャストが体現しているのが本作のミソ。

wp_pre_intro.jpg

竹野内豊が芝居で見せる暴力に心を痛めながら黒崎を怪演し、

松坂桃李が口の上手いSEX依存症の男を嬉々として演じてる

のだから面白い。そう、ここに出てくるブレーキがきかない

人たちは、「凶悪」で山田孝之が演じた藤井や「日本で一番

悪い奴ら」で綾野剛が扮した諸星と同様の、間違いなく白石

ワールドの住人なのだ。中でも十和子と陣治の壊れっぷりには

目をみはるものがある。蒼井優がとんでもなく汚い言葉で

クレームの相手や陣治を毒づく最悪の女を狂ったように体現

しながら、一方では満たされない愛を求める彼女の別の一面

も共存させ、ギリギリ憎めないキャラを確立。阿部サダヲも

口の中で食べ物をクチャクチャクチャさせたり、食事をしな

がら靴下を脱いだりする下劣な陣治を、それでも愛すべき

人物として絶妙なバランスで成立させているから、観る者

もふたりを見放すことはできない。それこそ、白石監督が

食べ物のメニューを原作と変えてまでこだわった何度も映し

出される食事のシーンでは、不思議な引力で求め合う十和子

と陣治の危うい関係が生々しく伝わり、心がザワザワしてし

まうのだ。それだけに、ひとつの真実が分かり、それでだけ

に、ひとつの真実が分かり、それまでの出来事がすべて違っ

て見えてくるクライマックスではザワザワしていた心がさら

にかき乱されることに。あまりにも純粋で切ない愛がたち

上がるこの鮮やかなラストにも。狙いすました白石監督らし

さが見え隠れする。

0b163633a395f2b2.jpg

キネマ旬報8月上旬号記事からの抜粋です。

映画「彼女がその名を知らない鳥たち」の公開は

10月28日です。




posted by ドラ at 08:59| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

映画「ナラタージュ」行定勲監督


監督は、社会現象になった「世界の中心で、

愛をさけぶ」からロマンポルノ「ジムノペディ

に乱れる」まで様々なアプローチで愛を描いて

きた行定勲。主演は「花より男子ファイナル」

「陽だまりの彼女」などで真っ直ぐな青年の

愛を演じてきた松本潤。一見、意外なタッグ

に映るかもしれないが、実は運命的な出会い

だった。行定監督が原作小説を映画かしたいと

動き出したのは12年前。高校教師と生徒とし

て出会った葉山と泉が、時を経て再会し、一生に

一度の恋に落ちるーーーきれいごとではない恋愛

を、性愛を含めて真正面から描いている島本理生

(原作者)の世界観に惚れ、葉山を演じられる俳優

をずっと探してきた。そして浮上してきたのが、

30代を迎えた松本潤。彼もまた30代だからこそ

演じられる役を探していた。出会うべきして出会っ

たのが「ナラタージュ」だった。この二人に共通す

るのは、色気。松本が本来持ち合わせているスター

性やきらめきを抑制することで、葉山というキャラ

クターの苦悩を表現してる。そのために松本は、

通常100として、葉山を演じるために目力を

40まで遮蔽してほしい、ちう行定監督の言葉を

ヒントに役づくりに臨んだ。実際、撮影現場に

葉山としてたたずむ松本は「これが松潤?」と

目を疑いたくなるほどだった。

NARA9.jpg

たとえば高校時代の回想で、葉山が泉に自分が抱

えていることを告白する海辺のシーン。台本にして

3ページ、撮影の尺としては約5分半、セリフに

「........」の多い難しいシーンだが、松本は淡々と、

ときどき言葉を詰まらせるようにセリフを発するこ

とで葉山の心情を表現。100から40に遮蔽しても

なお溢れ出てくる色気が、葉山というキャラクターの

魅力に繋がっていた。泉のセリフに「葉山先生の気持

ちが私にはいつだってわからなかった」とあるように、

つかみどころがないけれど、それでもほっておけない

葉山を作りあげた。撮影現場では役柄についての濃密

な話し合いは多くなかったそうだが、それは行定監督と

松本の「ナラタージュ」の世界感の捉え方が近かった証。

このタッグによって、本気の大人の恋愛映画の流れがや

ってきそうだ。

キネマ旬報8月上旬号記事からの抜粋です。

映画「ナラタージュ」10月7日公開です。


posted by ドラ at 14:26| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする