2018年06月22日

007最新作ダニエル・クレイグが続投



クレイグの続投問題からめまぐるしく入れ替わる監督候補、

果ては宙に浮いた配給権まで、行ったり来たりの連続で

ファンをやきもきさせてきた「ボンド25(仮題)」。

プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・

ブロッコリは声明で、「才能豊かなダニー・ボイル監督の

もと、ダニエル・クレイグを再びボンド役に迎え、記念す

べきシリーズ25作目を皆さまにお届けできることに、心

から興奮しています」とコメントしている。

640.jpg

ボイル監督が長編デビュー作「シャロウ・グレイブ」(94)

からほぼ全作品でタッグを組んで来た脚本家ジョン・ホッジ

による草稿を従え、ウィルソンとブロッコリにプレゼンしたこ

とで事態は急展開を迎え、ボイル監督にメガホンが託される

ことになった。ダニエル:クレイグはボイル監督が総合演出

した2012年のロンドンオリンピック開会式にボンド役で

登場してる。

「ボンド25(仮題)」は今年12月に英パイン

ウッド・スタジオでクランクイン予定。全米公開は2019年

11月8日、イギリスでの公開はシリーズの伝統に則り、

世界最速となる同年10月25日を予定している。

キネマ旬報7月上旬号記事からの抜粋です。







posted by ドラ at 17:28| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

是枝監督新作にドヌーブとビノシュが共演

 
カンヌ国際映画祭を獲得した是枝裕和監督が、

次回作”The Truth about Catherine(カトリーヌについての真実)”

をフランスで撮影することが明らかになった。

今作のきっかけは、2014年のカンヌ映画祭で是枝監督が

ジュリェツト:ビノシュ主演、オリビア:アサイヤス監督の

「アクトレス〜女たちの舞台」を見たことにある。その2年後、

ビノシュは、雑誌『パリ:マッチ』のインタビューの中で、

「『アクトレス』が是枝監督にカトリーヌ:ドヌーヴと

イーサン:ホーク、私のために脚本を書くインスピレーション

を与えました。カトリーヌは女優を、私は彼女の娘を演じる

予定です」と答えてる。是枝監督は昨年夏にフランスでロケハン

をし、今年初頭には秋の撮影に向けて「6〜7歳の子役」と

大きな食堂と貯蔵庫のある家を探す広告を出してるのが確認

されている。このように水面下で準備が進められていたが、今年

のカンヌ映画祭の開始直後の製作、フランス配給、海外セールス

を担当するワイルドバンチ社がタイトルとストーリーとともに

企画を発表した。

32321767_1940213332921542_2741464151724392448_n.jpg

Un0YLydGW1s6taVcm6XNWWCwImmupv0TtAcfl8ht.jpeg

物語は男性にもてるが実は横暴な人気女優が自身の回顧録を

出版し、アメリカに住む娘を本の宣伝のために帰国させる

ことに。同時に女優はSF映画で永遠に歳をとらない母親役を

演じてる。映画の外と中の出来事が混ざり合い、母娘がお互い

を再発見する内容になっているという。製作側は「ビリー:ワイルダー

の『サンセット大通り』の流れを汲む、女優という職業の神話と

現実を描く」と語っている。ドヌーヴとビノシュはこれが初共演となり、

ドヌーヴはアジア人監督作への初出演となる。

キネマ旬報7月上旬号記事からの抜粋です。








posted by ドラ at 19:39| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

ミュージカル作品賞は「バンズ・ヴィジット(The Band’s Visit)/迷子の警察音楽隊 」


ミュージカル作品賞は「バンズ・ヴィジット(The Band’s Visit)

/迷子の警察音楽隊 」が受賞した。また同作品は、主演男優賞、

主演女優、助演男優賞、演出賞、脚本賞、照明デザイン賞、

音響デザイン賞、オリジナル楽曲賞、編曲賞と、今回最多の

10部門を受賞した。

s6xJfq7yjTqPGHxlNKDFEKfozg4jVjkIt1VLpWko95oKv7HiRYZN7Yd6IZCSjYfp.jpeg

ミュージカル主演男優賞 トニー・シャルーブ

j3KTc4FUAMiZ8JoEZ8M5lVMv7DUXlt36R5iBlkuK7vYTUNYzL9gczIc61FsqdS4p.jpeg
ミュージカル主演女優賞 カトリーナ・レンク

rzzZoqLmwUNurpkVTrwa1nZpQWRVIdtya06Pu83Nz1qZydnqjwrXQOH3TypAhxhU.jpeg

ミュージカル助演男優賞 アリエル・スタッチェル

2007年のイスラエル映画が原作。コンサート出演の

ためにイスラエルに来たエジプトの警察音楽隊が空港

から間違った行き先へのバスに乗ってしまい、小さな

村に迷い込む。そこで繰り広げられる音楽隊メンバー

たちと村人たちとの心の交流を描いた、実話に基づく

ミュージカル。

この作品には日本のホリプロが出資に参加しており、

同社の代表取締役社長兼CEOの堀義貴氏も授賞式の

ステージに上がった。いつの日か実現されるであろう

日本公演が楽しみだ。

トニー賞最多賞を受賞した「バンズ・ヴィジット

(The Band’s Visit)/迷子の警察音楽隊 」

主演男優賞 トニー・シャルーブ 、主演女優賞 カトリーナ・レンク

男優賞 アリエル・スタッチェルのスピーチがそれぞれ感動的で、

移民であること、アラブ系がブロードウェイで成功することの

意味など、トランプ政権下での受賞式ならではのスピーチに

感動しました。

第72回トニー賞、ミュージカル「バンズ・ヴィジット」が

最多10部門受賞、演劇「ハリー・ポッター」6部門受賞

Wowowで見ました。





posted by ドラ at 11:38| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする